ENS

Eth.xyzのサービスについて

Eth.xyzは、パブリックENSプロファイルと任意の.eth名のNFTコレクションをシンプルで安全で簡単に共有できるURLに表示するサービスです。

ブラウザのURL入力欄に.eth名の最後に.xyzを追加してアクセスするだけです。

eth.xyzを使用する方法

すべての.eth名には、eth.xyz機能への自動アクセスが許可されています。Webブラウザの.eth名の末尾に「.xyz」を追加するだけで、ENSプロファイルが表示されます。

たとえばbrantly.ethをbrantly.eth.xyzにすることでどのブラウザでもアクセス可能になります。

eth.xyzコンテンツは、ENSを通じて提供される公開情報から自動的に生成される機能のようです。

ENS化した通常ドメインもサポートされている

.com .org .io .app .xyz .artなどをENS化した場合でも
https://eth.xyz/thingelstad.xyzhttps://eth.xyz/d.mirror.xyzのようにeth.xyz/ドメイン名という記述で参照することが可能になっています。

ENSサブドメインも対応している

〇〇.〇〇.ethなどのサブドメインも対応しており、eth.xyz/ENSサブドメイン.eth(https://eth.xyz/sub.domain.eth)と記述することで参照が可能になっています。

sub.domain.eth.xyzでの記述ではないことに注意してください。

現在参照可能なENSプロファイル

現在はまだ未完成の部分があるので、現時点で確認できるeth.xyzコンテンツは以下のENSで確認できます。

https://ethleaderboard.xyzにアクセスして、Twitterで最も人気のある.ethホルダーのいくつかをチェックすることもできます。

eth.xyz更新するには

ENS Managerに接続して、コンテンツ、アドレス、テキストレコードなどの.eth名の情報を更新します。

EOS初心者おすすめ記事