ENS

ENSの設定方法

前回はENS(Ethereum Name Service)(イーエヌエス)を取得したところまでやりました。今回はENSについての細かな設定を実際やっていきましょう。

 

ENS設定画面について

早速ENSの管理ページに入り設定をしていきます。

管理画面が開きますと、Metamask(メタマスク)の承認が立ち上がります。(前回承認済みの場合はすでに承認済みになっていると思います。

右上にマイENSがあるのでクリックします。

前回取得したENSが下部に表示されていると思います。

そのENSをクリックし設定画面に進みましょう。

管理画面が開くといろいろ設定でくる部分が出てくると思います。

登録者とコントローラ、ADDRESSESのETHには自分のイーサリアムアドレスが表示されていると思います。これが初期の設定になります。

登録者(オーナー)を変更する

登録者についてはENSの正式な所有者になります。
ENSをNFTとして保有することができるユーザーで、ENSを設定できることと対象の人にNFTとして譲渡出来る唯一の存在です。

譲渡ボタンを押すとNFTを譲渡する対象のイーサリアムアドレスを指定できます。

Trust wallet等のNFTが管理できるウォレットでも送金と同じような操作で同じようなことが出来ます。

コントローラーを変更する

コントローラーは譲渡以外の全てを設定できるユーザーです。
初期設定では登録者(オーナー)と同じイーサリアムアドレスになっています。

コントローラーを設定することによって、イーサリアムウォレットにイーサリアムが大量に保有しているアカウントに紐付けてガス代管理をしたい場合に使用したり、登録者が自分が所有して、その親族に使わせたい場合には重宝すると思います

コントローラー横の設定ボタンを押すと、コントローラーを変更できる入力欄が出現するので、コントロールさせたいイーサリアムアドレスを入力して設定できます。

有効期限を増やす

有効期限の更新ボタンを押すことにより、今設定している有効期限を増やすことが出来ます。

イーサリアムの価格が上昇して資金に余裕が出た場合やガス代が安くなった時期を見計らって設定するといいでしょう。

また更新忘れを防止するために、リマインダーをクリックすることで、Eメールやグーグルカレンダーなどに通知設定することが出来ます。

今回はGoogleカレンダーに設定して、更新忘れ防止をしています。

アドレスやENS情報を登録する

今度は仮想通貨のアドレスやENSにアバターやSNS情報を登録していきます。
仮想通貨アドレスはマルチアドレス対応になっているので、イーサリアムの他、ビットコイン、ライトコイン、リップルなどのアドレスも登録できるので、Trust walletなどのマルチアドレス対応のウォレットで使用することが出来ます。

仮想通貨アドレスを追加する

まずはビットコインのアドレスを追加してみましょう。

レコードの右側のADD/EDIT RECORDをクリックし、編集モードに切り替えます。

編集欄にETH、BTC、LTC、DOGEのアドレス入力欄が表示されていると思います。

BTCの入力欄にビットコインのアドレスを入力すればOKで、アドレスに不正がなければ入力欄の右側にチェックマークが入ります。

また、標準に表示されていないコインがあれば、add recordのプルダウンからaddressesを選択

coinのプルダウンから対象のコインを選びます。

今回はxrp(リップル)を追加してみましょう。

Please select a coinの欄にリップルのアドレスを入力して

Saveボタンを押せばアドレス欄に追加されます。

この様にアドレス欄に追加されチェックマークが入ってますね。

これを応用して自分の好きな仮想通貨のアドレスをドンドン登録していきましょう。

 

分散型WEB(IPFS)のURLを登録する

ENSではIPFSシステムを使用した分散型WEBのドメインとして使用することも出来ます。
abcdf.eth であれば https://abcdf.eth.link で分散型WEBにアクセスすることが出来ます。

コンテンツ欄にIPFSのアドレスを入力します。

IPFDのアドレスに不備がなければチェックマークが入ります。

 

アバターやSNS情報を明記する

ENSには仮想通貨のアドレスだけではなく、メールアドレス、アバター画像、SNS情報、自己紹介などを書き込むことが出来ます。

上から順に、メール(mail)、ホームページアドレス(url)、アバター画像(avatar)、自己紹介(description)、おしらせ(notice)、キーワード(keywords)、ツイッターID(com.twitter)、GithubのID(com.github)となります。

上記のように入力していき、問題がなければチェックマークが入ります。

尚、アバターはURL方式となっており、どっかのサーバーに上がっている画像URLを拾ってくる必要があります。サーバー設定ができないのならば画像URL化サービスを使うのも手です。

アバターを設定すると、イーサリアム標準のサムネイルがアバター画像に変更されます。Openseaなどで同様のアバターが表示されます。

今後はNFTのアバターを設定できるようになります。


すべての設定が完了したらConfirmボタンを押してENS設定をブロックチェーンに書き込みます。

Metamask(メタマスク)が起動しますので指示通りに進めていきましょう。

これで中身の設定は終わりです。

イーサリアムアドレスをENSに書き換える

ENSの中身を編集したら、イーサリアムアドレスをENSに書き換える作業もしていきましょう。
ENSに書き換えるとEtherscanなどに0x12abではなくasdfg.ethのように表示されます。

管理画面のトップに戻り、マイENSをクリックします。

イーサリアムアドレスのすぐ下にReverse record: not setの水色の欄があると思います。

そのSelect your ENS nameのプルダウンからadressesに登録されたイーサリアムアドレスが選ぶことが可能です

希望のENSを選ぶことが出来たら、Saveボタンを押してブロックチェーンに書き込みます。

そうするとReverse record: not setReverse record: xxxx.ethに変わりますのでこれで完了です。

xxxx.ethと変わっているのでみやすいですよね。

これをすることでこのアドレスは私のものと主張できUniswapなどでは見やすく、Ethscanでは見つけやすくなります。

 

最後に

今回はENSを設定することが出来ましたが、これには大きなリスクもあると思っています。
ブロックチェーンの特性上プライバシーが完全にオープンになってしまい、ウォレットの残高やメールアドレスなどが丸わかりになってしまいます。

私としては、公開用とプライベートの2つを作ったほうがいいかと思っています。

イーサリアムアドレスとENSに書き換えるか書き換えないかも公開情報同様に慎重に検討したほうがいいですね。

EOS初心者おすすめ記事