ENS

ENS(Ethereum Name Service)とは?

ENS(Ethereum Name Service)はパブリックチェーンのイーサリアムを基盤に、2017年5月4日にローンチされたネーミングサービスです。ENSでは英数字のみで構成された複雑な暗号資産(仮想通貨)のアドレスを、簡単で分かりやすい文字へと変換できるイーサリアムのサービスです。

ENSの利便性について

仮想通貨の受け取りアドレスは複雑なものが多く、

Bitcoin(ビットコイン)だと「bc1qa7u80dpgtnwrncn6c4wwjdkmdlswt3na737g6m」だったり

Ethereum(イーサリアム)だと「0xd8dA6BF26964aF9D7eEd9e03E53415D37aA96045」

Ripple(リップル)だと「rK3fS4J1NsWE6enxpr2buA3dkH7KmnPB2G」というかんじで非常に長くて分かりづらい文字列と数字で構成されています。

そのため1文字でもアドレスが間違っているとすべての資産を失ってしまうことも多くあり、事実、アドレス間違いによる資産喪失が跡を絶ちません。

私達は送金先を間違えないように、前と後ろの文字が合っているかどうかなどのチェックに毎回注意を払わなければいけません。

そのチェックの作業を簡素化するのがENS(Ethereum Name Service)という仕組みなのです。

例えば、ENSを用いると「0xd8dA6BF26964aF9D7eEd9e03E53415D37aA96045」を「vitalik.eth」のように人にわかりやすい形式でイーサリアムを送ることが可能です。

例えENSのスペルが間違ってたにしても、登録されていなければエラーで教えてくれます。

ENSはアドレスを選ばない

ENSはイーサリアムのサービスですが、同じ名前のENSでビットコイン、ライトコイン、リップル等へ正確に送金することが出来ます

ENSの管理画面で対象のアドレスを登録する必要があります。

例えばTrust walletで、ビットコインの送金先アドレスに「xxx.eth」と入力すると登録しているビットコインアドレスに送金できますし、リップルの送金先アドレスに同様のENSを入力しても、登録されているリップルアドレスに送金できます

そうです、いちいち自分のもしくは相手のアドレスをコピペする必要がなく、ENSのアドレスさえ覚えていれば簡単に相手に送れます。

ENSはNFTとしても扱える

ENSはNFTとしても扱うことが出来き、トークンとして送信することも可能なので、誰かにこのENSを渡したい、例えば「mago.eth」を孫のプレゼントとして渡したいなという場合にも、NFT送信機能のついたウォレットであれば、イーサリアムアドレスを知っているのであれば簡単に送ることが可能です。

資産価値としてのENS

ENSはNFTとしての側面があることもあり、Opensea(オープンシー)などのNFT取引DEXで値段をつけてもしくはオークション形式で販売することも可能です。

また、仮想通貨界では有名な名前や文字数が少ないなど希少性の高いENSは高値で取引されることが多く、例えば「darkmarket.eth」が 28,555 ETHで取引された実績があります。

まだ有名なものや珍しいものがまだ取られていなかったのなら、早めに保有して転売するのもありかもしれません。

分散型ドメインとしても使える

IPFS(InterPlanetary File System)のファイルシステムを使って、分散型のWEBサイトのドメインとしても使用することが出来、匿名性が強く止めることの出来ないWEBサイトを構築することが出来ます。

※従来のクライアントサーバー型のWEBサイトでは使用することは出来ません。

ENSの種類

【ENS】
・様々種類の暗号資産のアドレスが登録できる
・Etherscanに自分のENSとして表示させることが出来る
・アバターを登録できる
・SNS情報を登録できる
・分散型WEBのドメインとしてIPFSアドレスを登録できる
・サブENSを作成できる(yyy.xxx.eth)
・自己紹介を入力できる
・従来のドメイン.com .org .io .app .xyz. .art をENS化することが出来る
・年会費がかかる(イーサリアム決済のみ)

 

【Unstoppable Domains】
・様々種類の暗号資産のアドレスが登録できる
・分散型WEBのドメインとしてIPFSアドレスを登録できる
・分散型WEBツールで簡単に分散型WEBサイトを作れる
・様々な種類のENSを作成することが出来る(.crypto .x .bitcoin .nft etc..)
・クレジットカードで購入することが出来る(NFT化はイーサリアムが必要)
・更新料がかからない

 

元祖ENSだと汎用性がかなり高いのですが年会費が約500円(別途ガス代がかかり、文字数が少ないと更に年会費は高くなる)程度かかるのでお金に余裕がない場合は、Unstoppable DomainsのENSを買うことをおすすめします。

しかし、資産価値は元祖ENSに軍配が上がります。

今後について

ENSについては今後、レイヤー2対応や合成NFT(アバターNFTと合成するなど)など様々な用途に使われてくるでしょう。ENSはアドレス簡素化だけに留まらず、本人としての証明や、メタバースのアバターの骨組みなど、使える用途が更に増えることにより、より価値が出てくるのではと予想しています。

私も現に数点のENSを所持しており、オープンに自分を表現するENSプライベードだけに使うENSを分けて保有しています。

現段階(2021年10月3日時点)ではNFTが盛り上がっていますが、そのNFTを装備して自分を表現する骨組みになることを期待しており、今後の動向を見守っていきたいと思います。

EOS初心者おすすめ記事