DFINITY(ICP)

Plugウォレット導入方法(ICPウォレット)

Dfininty(デフィニティ)のICPウォレットにMetamask(メタマスク)のようなWEB接続ChromeエクステンションウォレットのPlug(プラグ)とうICPウォレットが登場しました。

これを導入することによる12ワードのニーモニックパスフレーズを再利用できる他、Dfinity系のdAppsに接続が可能になります。

Plugウォレットをインストールする

今回は新規でウォレットを発行したいと思います。

Plug(プラグ)のエクステンションウォレットは以下のURLからインストールします。

上記よりダウンロードしてインストールしたらエクステンションバーにPlugのアイコンが出ていると思います。(ない場合は雲のようなアイコンをクリックしてPlugアイコンを探しクリックします。)

アイコンをクリックすると新しくウォレットを作るか、ニーモニックパスフレースを入力してウォレットを復元するかの画面が現れます。

今回は新規で作るのでCreate Walletを選択します。

ログインするためのパスワードを決めます。

今回は新規で作成するので、12ワードのニーモニックパスフレーズを生成しメモします。

※ニーモニックは忘れない場所に厳重に保管してください、無くすとコインを入れてた場合すべての資産を失う可能性があります。

メモして次に進んだらウォレットの設定は完成です。

Plugウォレットを使ってみる

実際Plugウォレットを開いてみましょう。

Plugのアイコンをクリックします。

最初に決めていたパスワードを入力してログインします。

開くとICPとCircleの残高が表示されれば導入成功です。

最後に

今回Plugが導入されたことにより、NNSからのログインとPlugからのログインの2通りの方法が徐々に出てくるのではないかと思います。
Plugの場合だとMetamaskのニーモニックパスフレーズをそのまま再利用できるので、資産管理を簡素化したい場合はおすすめかも知れません。

あと、Ledger Nanoなのどハードウェアウォレットでの運用ができたら良いかと思いますがどうでしょうかね、、、

このウォレット管理はセキュリティの観点上、できるだけ新しいニーモニックパスフレーズを使用したほうが良いと思っています。ご使用される場合は自己責任の範囲で使用してください。

EOS初心者おすすめ記事