DFINITY(ICP)

仮想通貨ICP(DFINITY)とは

仮想通貨ICP(DFINITY)の概要

DFINITY(デフィニティ)は「ICP(インターネットコンピューター)」を掲げ、分散型のデータセンター基盤をブロックチェーンを使って提供するプロジェクトです。

DFINITYでは、AWSやGoogle Cloudのような、クラウドサービスをブロックチェーン上に構築し、誰にも止められない分散型のデータセンターを構築する目的のために作られました。

DFINITYを利用するサービス提供者は、意識することなく分散型のWEBアプリケーションを展開することができ、一般のユーザーは従来のWebサービスとの違いを感じることなく、それらを利用することができます。

ICPトークンについて

 

DFINITYによるインターネットコンピューターの経済圏では、ICPトークンを利用します。

ICPトークンは分散型WEBサービスを展開するための手数料”Cycle(サイクル)”に変換することができるトークンです。

DFINITYがローンチ時に、 469,213,710 ICPが生成されました。

サービス提供者は、ICPトークンを入手し、キャニスターというICPのアカウントでサイクルを補充することにより、分散型のWEBアプリケーションの動作を維持します。

また、DFINITYネットワークの方向性を決める場合の投票する為のトークン(ガバナンストークン)としてもICPトークンを使用します。

DFINITYの用語

Network Nervous System (NNS)

Network Nervous System(ネットワークナーバスシステム)とは
ICPのウォレットにあたるシステムで、ICPの残高、送金、ステーキングや投票、WEBアプリケーションを動かすリソースCycle(サイクル)の生成や管理などを行うシステムです。
Dfinityネットワークを扱う際には最も重要なアプリケーションです。

Internet Identity

Internet Identity(インターネットアイデンティティ)とは、インターネットIDと秘密鍵を管理するシステムで、顔認証、指紋認証、セキュリティーキーをInternet Identityのセキュリティ機能と紐付けてより安全なログイン機能を提供します。

Network Nervous System(ウォレット)やWEBサービスを開いたりする部分をパスワードや個人識別情報を必要とせずに安全にログインできるシステムを提供します。

個人のプライバシーを防衛できる次世代のログインシステムです。

Canisters

Canisters(キャニスター)とは、分散型WEBアプリケーションやサービスプログラムを実行や状態を管理するための機関で、ICPトークンをcycle(サイクル)に変換して、プログラム実行するための手数料を支払い実行、管理するために必要な部分です。

Neuron

Neuron(ニューロン)とは、ICPトークンをステーキングし投票券を取得する機能で、Dfinityの方向性を決めるために最も重症な機能です。ICPを最大8年ロックすることで報酬を得ることも可能で、ロック期間が長ければ長いほど得る報酬が多くなるのも特徴です。

Cycles

Cycles(サイクル)とはCanisters(キャニスター)の機能と使いICPを変換してえられるリソース(プログラムを実行させるために必要な資源)になります。スマートコントラクトや分散型のWEBサービスを構築するたびに消費されます。

ICPを購入するには

ICPを購入するには国内の仮想通貨取引所で、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどを購入して、Binance(バイナンス)などの海外取引所に送金しICPに両替する必要があります。

仮想通貨ICP将来性、価格や今後について

仮想通貨ICP将来性、価格や今後については、クラウドサービスの殆どがAmazonのAWSやグーグルのGooglecloudにサービスが集中しており、中央による管理が目立っており、何かあればサービスが止められてしまう危険性や情報を抜かれる心配もあります。

Dfinityは今後誰もが管理しないブロックチェーンを使用した分散型のクラウドサービスを目指すべく、サービス停止や情報漏えいにも強く、インターネットの基礎の部分として成長するものと期待されています。

このシステムが世間に受け入れられるのであればICPの価格も自然と上昇していくことが見込められますので、未来が見れるのであれば少額投資するのも有りかもしれません。

EOS初心者おすすめ記事