仮想通貨EOS相場
dApps

EOSのDefiによるイールドファーミングについて

前回、Defibox(デファイボックス)、USNの精製方法ななどのDefi(デファイ)によるイールドファーミング(Yield Farming)について記事を書きました。

ただ、このイールドファーミングはほんの一例であり、EOS自体のイールドファーミングが始まったばかりの仕組みで、今後どんどん新しいものがローンチされていくでしょう。

イーサリアムのイールドファーミングとの違い

イーサリアムのイールドファーミングとの大きな違いはガス代(送金手数料)でしょう。

イーサリアムはイールドファーミングの処理をするたびにガス代がかかり、1つの始まりから最終的な利確までに数千〜数万円の手数料がかかってしまいます。

例えばレンディングしてもらえたDefi系トークンをその都度イーサリアムやステーブルコインに利確したらそれ以上のガス代がかかりマイナスになりますし、DAIなどの暗号通貨担保型のステーブルコインの生成や消化をその都度してもかなりのガス代がかかります。

イーサリアムのイールドファーミングの運用の基本は、数百万円相当のETHを保有し、defi系トークンをある程度溜まったら一気に利確し、DAIの生成においては十分な担保率を確保することでガス代を節約することを心がけることになります。

イーサリアムのイールドファーミングはやり方次第では大きい利益を生みますが、やり方を間違えるとガス代で利益をすべて持っていかれるというリスクもあります。

EOSのイールドファーミングの強み

EOSのイールドファーミングの強みは、CPU領域に十分なEOSをステーキングしていれば、実質送金手数料が無料で行えるところです。

利益が出れば、その都度利確してもいいし、EOSのDAIとも言われるUSNの生成の担保率も手数料を気にせず増減もスムーズに行われます。

もう一つの利点は、送金速度が早いということです。
EOSの現時点の1秒間のトランザクション処理能力は約6000回であり、処理をしたらすぐに反映されるので待ち時間からも開放されます。

そう、何かあったらすぐ逃げれるということです。

資産を効率的に回すという考え方

資産を効率よく回すという観点で考えると、ある程度のリスクを容認できるのであればイールドファーミングは資金を増やす方法の1つになります。

※但し、税金面は考慮しない

例えば

  • 貯金額 100万円(銀行年利0.001%)
  • 内30万円はリスク資産に回せる
  • 30万円をEOSにした
  • 15万円分のEOSを担保に維持率200%で7.5万円のUSNを生成
    (USNの年利約15%+BOXトークン付与)
  • レンディングDefiにUSNを預け入れ(PIZZA)
    (USNの年利約40%+defiトークン付与)
  • 残り15万円のEOSの内7.5万円をUSDTに両替
  • Defiboxに流動性としてEOSとUSDTを提供する(年利 約300%)

注意)年利やトークン付与枚数は参加人数や状況に応じて増減します。

上記を計算したらリスクに回した30万円は、1年放置で約48万プラスの78万円になる計算です。

※上記計算はEOS価格がそのままで、年利もそのままの場合です。
※EOS価格や年利は変動します。

イールドファーミングのリスク

いい事ずくめのイールドファーミングですが、危険性も存在します。

・価格変動リスク
・コントラクトバグハッキングによる資金の盗難
・運営側の資金持ち逃げ

中央集権の取引所よりも、ブロックチェーンの上で運営しているので比較的リスクは少ないのですが、The DAOみたいなことが起こらないこともないので、
金利が高いということはそれなりのリスクが有ることは理解しましょう。

※高金利のため、やめられなくなる依存性にも注意を

リスクを低くする方法とは?

極力リスクが少ないDefiを利用したいものです。
私の見方として、以下のことをチェックしてください。

・上位BPがパートナーとして参加している。
・老舗DEXやdAppsが運営している
・サイトデザインがお粗末ではない
・何で利益を捻出しているかを理解する
・テレグラムチャンネルがあり1000以上の登録者数がある

上記を押さえれば危険度はある程度低くなります。
しかし、100%安全ではないということは理解しましょう。

EOSのDefi一覧

EOSのDefiで比較的リスクが少ないものを紹介します。

■Defibox
イーサリアムで有名なDefiのUniswapのEOS版という立ち位置です。
EOS系のトークンの交換がスムーズに行えるところでもあり、流動性を提供する(2つ種類のトークンをロックする)ことで、手数料一部とBOXトークンを取得できるもので、現時点でのイールドファーミングの中では収益率はかなり高い部類になります。またEOSのDEXの老舗Newdexが運営していることで信用力があります。
※注意 流動性提供の場合価格変動の影響で取得した利益+流動性提供の枚数が減少もしくはマイナスになる場合もありますので極力価格変動の少ない通貨を選択肢ましょう。

■Danchor
EOSを担保にステーブルコインのUSNを生成できるサービスです。生成した分のUSNに応じて年利15%の金利も貰えるので、維持率さえ十分に気をつけていれば金利をもらえつつ安全性を保てます。
ここもNewdexが運営しているので信用力が高いです。応用としてUSNトークンを別のレンディンサービスで運用することによりプラスアルファの金利を得るということも出来ます。

■Pizza
EOS版のCompound(コンパウンド)でレンディングしたり預けているトークンを担保に別トークンを借りたりできるDefiです。
ここはパートナーとしてNewdexやTokenpocket、EOS AuthorityなどのDEXや上位BPなどが参加しているので信用力としてはそこそこと行っていいでしょう。
レンディングすると金利+PIZZAトークン付与という流れになりますが、PIZZAトークン自体があまり価値がないので、レンディングのみに重点を置いたほうが良いかもしれません。応用としてUSNを担保にEOSを借り、USNを生成して、USNをレンディングするレバレッジをかけるやり方も有りかと思います。

その他にも色々ありますが、リスクレベルが不明瞭な部分もあるため、比較的リスクレベルが低いものを紹介しました。

最後に

イールドファーミングはまだ始まったばかりの手法ですが、参加者が増えてくるにつれて旨味がなくなってくることは間違いないでしょう。
以下にリスク管理が調整できて早めに始められるかが、旨味を得られる一つの方法ではないかと思います。

※価格変動や参加者の増大、バグにより利益が思った以上に乗らない場合もあり、反対に何らかの形で損失が発生する場合もありますので、イールドファーミングをする場合は自己責任の上実行してください。

EOS初心者おすすめ記事