仮想通貨EOS相場
dApps

Defiboxでイールドファーミングのやり方

EOSでイールドファーミング

仮想通貨界ではイーサリアム(Ethereum)が主導でDefi(ディファイ)によるイールドファーミングが盛んです。

イールドファーミングとは

レンディングやDEX(分散型取引所)などのDeFiサービスに資産を貸し出す又は提供することで、金利や手数料収入を得る運用モデルです。イールドは”利回り”、ファームは”耕す”を意味します。

そのため現在はイーサリアムの価格が上昇し、defi系トークンも爆騰している状態であり、設定次第では年利100%超えの案件まであるほどです。

しかし、イーサリアムの価格高騰とdefiの盛り上がりからガス代(送金手数料)が大幅に高騰しており、場合によっては8000円程度かかる場合があります。

イーサリアムの裏側ではEOS(イオス)のdefiも開始されてきており、設定次第では送金手数料無料で余計な費用をかけることなくイールドファーミングを実行できるため、利益を総取りできる可能性を秘めています。

その中で今一番注目されているのがDefibox(ディファイボックス)によるイールドファーミングです。

Defiboxとは

Defibox(ディファイボックス)とはEOSのDEXで有名で信用力のあるNewdexが運営しているdefiで成り行きで両替できるサービスで、例えばEOSからUSDTに取引所を通さずブロックチェーン上で両替できます。EOS版のUniswapと言っていいでしょう。

もう一つの醍醐味としては流動性を供給することでお礼としてdefiトークンが付与されるというのが大きな特徴です。

流動性とは?

自分のウォレットからDefiboxに2つのトークンを提供することで、それを使って別のユーザーが両替をする仕組みです。

そのため、AトークンからBトークンへ両替したときにAトークンが若干減ってBトークンが増えたり

反対に、BトークンからAトークンへ両替すればBトークンが増えてAトークンが若干減ることになります。流動性によっては全体的な価値が若干増えたり減ったりする場合もあります。

Defiboxを使ってみる

Defiboxを使って両替をしてみましょう。

Defiboxを開いたら上記の画面になったと思います。

EOSに例えば100と入力すると価格に応じたUSDTの枚数が表示されます。ここで確定すればEOSをUSDTに両替ができます。

Defiboxに十分な流動性がない場合は市場価格よりも安くなり損をする場合もあります。
両替する前にNewdexや他の取引所で価格を調べて適正価格であるかを確認するほうが良いでしょう。

イールドファーミングをしてみる

それではDefiboxを使ってイールドファーミングをしてみましょう。

Liquidity(流動性提供)をクリックします。

Add liquidity(流動性追加)をクリックします。

Add liquidity(流動性追加)の画面が開いたらAトークン、Bトークンどちらでも良いので数字を入れると市場価格に合わせた枚数が自動で算出されます。

流動性を追加するには十分な枚数のAトークン、Bトークンを持っておく必要があります。

Confirmをクリックすれば流動性の提供完了です。

もちろん流動性を解除して自分のウォレットに戻すことも可能です。

どのくらいイールドファーミングされたか確認する

流動性を提供したら1時間毎に流動性の枚数に応じてdefiトークンのBOXトークンが付与されます。

上部メニューからMine BOXをクリックします。

次の画面を開くとマイニングできたBOXトークンの枚数が表示されます。

そのトークンを自分のウォレットに送金するためにclaimをクリックします。

詳細が表示されたらclaimボタンをクリックします。そうすると紐付いた自分のウォレットにBOXトークンが送金されます。

どのくらいのリターンがあるのか

現在(2020年9月2日)のBOX価格は1枚2000円です。

EOS500枚とUSDT1750枚(合計35万円分)を流動性に貸し出した場合、現時点で1時間約0.05BOX提供されています。

BOXの価格が減らず、マイニング報酬率が変わらないと仮定すると、24時間で約1.2BOX付与され、1ヶ月で37BOX、1年で444BOXになります。

年間で88万円となるので年率250%という計算です。

これを知るとなぜイールドファーミングが流行っているのか分かる気がします。

リスクについて

この手法については、価格変動によってトータルの枚数が減少する場合があり、利息利益+流動成分の枚数をトータルすると利益減少、もしくはマイナスになる場合もあります。

リスクを軽減するためにも、価格変動の少ない通貨を選択肢ましょう。

最後に

イールドファーミングはdefiがクラッシュしない限りは続くと思います。

しかし、プログラムバグによるハッキングの可能性もあるので、リスクレベルは60%というところでしょうか。

リスク管理のために資金全てをイールドファーミングするのではなく、必要最低限の枚数で回したほうが良いと思います。

次回はDanchorのUSN発行によるBOXトークンイールドファーミングの方法を紹介したいと思います。

※defiを用いたイールドファーミングはリスクが有るため自己責任の範囲で行ってください。

EOS初心者おすすめ記事