仮想通貨EOS相場
EOSJS

仮想通貨EOSテストネットの利用方法

仮想通貨EOS(イオス)何かを開発したい場合、仮想通貨EOSを持っていないとだめ??と思ったりしていませんか?

仮想通貨EOSは保有したくないけど、EOSのネットワークで何かアプリを作ってみたいなとか、アプリを作ったけど本物のEOSを使用してテストしたくないなぁ、、、とか思ったりしたことはあると思います。

そんな時にテスト版のEOSを使って、本物のEOSを購入することなくテスト環境を構築することが可能です。

テストネット用のEOSアカウント作成

それでは最初にテストネット用のEOSアカウントを作成していきましょう。

今回はJungle2.0 Testnetを使用しますので、以下のサイトで作業を行います。

まずは、Create keyをクリックして新しいテストネット用の公開鍵、秘密鍵を取得しましょう。

公開鍵、秘密鍵が表示されるのでメモ帳などに貼り付けて保管しておきましょう。

次にテストネット用のEOSアカウントを作成します。

Account nameにメインネットのEOSと同様に英数字(a-z、1-5)12文字固定のテストネット用のEOSアカウントを作成します。

Owner Active Public Keyの両方とも先程メモ帳に貼り付けた公開鍵(EOS,,,)を貼り付けます。

ロボットではありませんにチェックを入れてCreateボタンを押すとテストネット用EOSアカウントが作成されます。

Scatterにテストネットの設定する

テストネットを使用するにはデスクトップ用EOSウォレットであるScatter(スキャッター)に設定する必要があります。

まずは左上の歯車のマークをクリックします。

歯車のマークをクリックしたら、Accountをタップします。

Add custom networkをクリックし、テストネットの設定を登録していきます。

各欄にネットワークの設定を入力していきます。

詳細は以下のとおりです。

Name:Jungle 2.0 Testnet
Blockchain:EOSIO
Host:jungle2.eosio.cr
Port:443
Protocol:https
ChainID:e70aaab8997e1dfce58fbfac80cbbb8fecec7b99cf982a9444273cbc64c41473

これでJungle Testnetの設定が一通り完了しました。

Testnet用のアカウントを登録する

設定が完了したら次にTestnet用のアカウントを登録します。

Account SettingsにJungle 2.0 Testnetが追加されているので、Manage Accountをクリックします。

Add keyをクリックします。

Import accountの画面が開いたら、Input your private keyに先程メモしておいた秘密鍵を入力します。入力したら直ぐEOSテストアカウントが取り込まれます。

登録ができたら上記のような最初に登録したテストネット用のEOSアカウントが表示されますので、activeをクリックしてテストネットのコンテンツに接続する際に接続されるテストネット用のEOSアカウントをクリックします。

これでEOSプログラミングのためのテスト環境が完成しました。

テストネット用のdAppsに接続する

ここではとりあえずテストネット用のコンテンツに接続してみましょう。

今回はテストネット用のアカウント情報にアクセスできるEOSエクスプローラーのbloks.ioにアクセスします。

右上のEOSマークをクリックします。

リストの中からJungle Testnetを選択します。

右上のLoginをクリックします。

ログインするリストからScatterを選択します。

そしたらテストネットのEOSアカウントに接続した状態になります。

右上のWalletをタップして先程登録したEOSアカウントが表示されたはずです。

画面上のLiquid Balanceはおそらく0枚になっていると思います。

それでは次にテスト用のEOSを補充してみましょう。

テスト用のEOSを補充する

それではプログラミングでテストするために必要なテスト用のEOSを補充します。

一番最初にアクセスしたJungle Testnetモニターにアクセスします。

Fauctをクリックします。

Account nameに最初に作ったテストネット用のEOSアカウントを入力し、私はロボットではありませんSend coinsをタップします。

bloks.ioにアクセスして、ScatterでアクセスしWalletをタップすると補充したEOSの枚数が表示されます。枚数的には100枚補充されます。

これでテストネット用の環境が整いました。

まとめ

テストネットの設定をしていきましたが、これをすることにより本番用のEOSを触ることなく思う存分EOSプログラミンを実行できるようになります。

EOSでアプリを作ったりしたい場合はテスト環境用にテストネットを設定しても良いかもしれません

 

 

EOS初心者おすすめ記事