仮想通貨EOS相場
eosjs-16.0.9

Scatterで簡単RAM売却プログラミング(eosjs v16.0.9)

今回はScatter(スキャッター)を介してトークンの保管やスマートコントラクトの実行に欠かせないリソースRAM(ラム)をJavascriptで売却するプログラミングを行っていきたいと思います。

RAMを売却するプログラミング

それでは早速Scatter上でRAMを売却するプログラムを組んでいきましょう。

RAMを売却するコードは以下のとおりです。

/* RAMを売却する関数 */
function sell_ram(iBytes){
  /* ScatterにEOSアカウントが読み込まれているかチェック */
  if(account == null) return false;

  /* RAMを売却する */
  eos.transaction(tr => { 
    tr.sellram({
      account : account.name,
      bytes : parseInt(iBytes)
    });
  }).then(function(data){
    /* RAM売却が成功したらコンソールに結果を表示する */
     console.log("Done:" + data);
  }).catch(function(error){
    /* RAM売却が失敗したらコンソールに結果を表示する */
     console.log("Error:" + error);
  });
}

上記を貼り付けるだけで動作します。

機能の説明は以下の通りになります。

sell_ram(iBytes)

■各パラメーターの説明
iBytes = 整数型:売却するバイト数

■使い方
sell_ram(8000);

フルコード

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>scatter test</title>

<!-- EOSとScatterの接続モジュールを読み込む -->
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/eosjs@16.0.9/lib/eos.min.js"></script>
<script src="https://cdn.scattercdn.com/file/scatter-cdn/js/latest/scatterjs-core.min.js"></script>
<script src="https://cdn.scattercdn.com/file/scatter-cdn/js/latest/scatterjs-plugin-eosjs.min.js"></script>
  
<script>

/* 各パラメーターの初期化 */
ScatterJS.plugins(new ScatterEOS());
var eos = null;
var account = null;
var options = null;

/* EOSメインネットブロックチェーンのネットワーク情報を設定 */
const network = ScatterJS.Network.fromJson({
    blockchain:'eos',
    chainId:'aca376f206b8fc25a6ed44dbdc66547c36c6c33e3a119ffbeaef943642f0e906',
    host:'nodes.get-scatter.com',
    port:443,
    protocol:'https'
}); //mainnet

/* Scatterにログインする関数 */
function scatter_login(){
    ScatterJS.connect('YourAppName', {network}).then(connected => {
        if(!connected) return console.error('no scatter');

       eos = ScatterJS.eos(network, Eos);

        ScatterJS.login().then(id => {
            if(!id) return console.error('no identity');
        
            account = ScatterJS.account('eos');
            options = {authorization:[`${account.name}@${account.authority}`]};
        
            document.getElementById('account').innerHTML = JSON.stringify(account);
            
        });
    });
}

/* RAMを売却する関数 */
function sell_ram(iBytes){
  if(account == null) return false;

  eos.transaction(tr => { 
    tr.sellram({
      account : account.name,
      bytes : parseInt(iBytes)
    });
  }).then(function(data){
     console.log("Done:" + data);
     document.getElementById('result').innerHTML = "DONE:" + JSON.stringify(data);
  }).catch(function(error){
     console.log("Error:" + error);
     document.getElementById('result').innerHTML = "ERROR:" + JSON.stringify(error);
  });
}

/* Scatterからログアウトする関数 */
function scatter_logout(){
    ScatterJS.scatter.forgetIdentity()
    ScatterJS.scatter.logout();
    account = null;
    options = null;
    
    document.getElementById('account').innerHTML = "no account";
    document.getElementById('result').innerHTML = "";
}

</script>
</head>

<body>
<h1>scatter test</h1>

<!-- Scatterをログイン・ログアウトするボタン -->
<button type="button" name="name" value="value" onClick="scatter_login();">Scatter Login</button><br>
<button type="button" name="name" value="value" onClick="scatter_logout();">Scatter Loout</button><br>

<!-- クリックしたらRAMを8000バイト売却するボタン -->
<button type="button" name="name" value="value" onClick="sell_ram(8000);">RAM売却(8000byte)</button><br>

<!-- ログインしているかしていないかを表示する -->
<div id="account">no account</div><br>
<!-- 実行結果を表示する -->
<div id="result"></div><br>

</body>
</html>

最後に

前回のコードと同様にコピペだけで動作するように作成しました。

もうすこし作り込こんでテキストボックスを用意して、そこにRAMのEOS相場を元にbyte数を売却する事もできると思います。

次回はEOSアカウントを作成するプログラムをやっていきたいと思います。

Scatterおすすめ記事(eosjs v16.0.9)