仮想通貨EOS相場
メインネット

Scatter(スキャッター)インストール・使い方

Scatter(スキャッター)とは?

Scatter(スキャッター)はインストールすることにより、ブラウザの拡張機能のように使用可能になるEOSのWeb連携ウォレットになります。

前回、TokenPocket(EOS)でEOSアカウントを作成した際に生成した、秘密鍵をScatter(スキャッター)に取り込むことにより、EOS系のdApps(ダップス)を使用したり、DEXでEOS系通貨同士の交換をしたり、WEBウォレットに接続して送金したりすることが可能になります。

ScatterはEthereum(イーサリアム)でよく使われているMetaMask(メタマスク)と同じ位置づけになります。

dApps(ダップス)とは
decentralized applications(ディーセントロレーションアプリケーションズ)の略称で、日本語では分散型アプリケーションと言われています。dAppsはブロックチェーンを用いたサービスやゲームを提供するアプリの総称です。

DEX(デックス)とは
Decentralized Exchanges(ディーセントロレーションエクスチェンジ)の略称です。 日本語では分散型取引所と言われています。分散型取引所とは従来型の中央集権者が管理する取引所ではなくP2Pネットワークで個人が管理、取引を行う取引所のことを指します。 中央管理者を置かずにユーザーが秘密鍵を管理し、ブロックチェーン上で取引を承認するシステムです。

Scatter(スキャッター)のメリット

Scatter(スキャッター)は、EOS及びEOSベースのトークン、また姉妹チェーンとそれに準ずるトークン、Ethereum(イーサリアム)、TRON(トロン)、Bitcoin(ビットコイン)などを保管でき、取引所よりも安全に管理できます。

メリット1 ブラウザを問わず使用できる

イーサリアムのMetaMaskなどはブラウザのアドオンをそれぞれインストールしないといけませんが、Scatter(スキャッター)はソフトウェアベースなのでパソコンにインストールすれば、どのブラウザでも使用することが出来ます。

メリット2 分散型取引所を利用するには必須のウォレット

EOSベースの分散型取引所を利用するためには必要なウォレットになっています。
Newdex分散型取引所では取引の際にScatter(スキャッター)の承認が必要になるため、使用時にはScatterが必須というわけです。

メリット3 複数のアカウントを管理できる

Scatter(スキャッター)では、複数のEOSアカウント、及び姉妹チェーンのアカウントを管理できるので用途によってアカウントを切り替えることも可能です。

メリット4 ハードウェアウォレットとの連携も可能

Ledger Nano(レジャーナノ)などのハードウェアウォレットを読み込むこともでき、セキュリティ重視で管理したい場合は最適なウォレットです。

Scatter(スキャッター)のデメリット

Scatter(スキャッター)は色んな便利な機能もありますが、デメリットも存在します。

デメリット1 操作に慣れるまで使いづらい

Scatter(スキャッター)は英語なので、操作に慣れるまでは使いづらいかもしれません。
初心者は少しずつ慣れていかないといけないかもしれません。

デメリット2 スマホ版がない

Scatter(スキャッター)はスマホ版がないので、TokenPocket(EOS)を利用するしか無いでしょう。

Scatter(スキャッター)をインストールする

以下のサイトからソフトをダウンロードします。

自分のOSに合わせたScatter(スキャッター)をダウンロードしインストールします。

インストールが完了したらScatter(スキャッター)を設定していきます。

Scatter(スキャッター)を設定する

Scatter(スキャッター)をインストールしたら、初期設定をしていきます。

Scatter(スキャッター)を起動したらGet Startedをクリックします。

次の画面に進むと規約についての承諾画面になるので、ACCEPTのボタンをクリックします。

次にセキュリティを強化するためにScatter(スキャッター)の開くためのパスワードを決めます。

決める際には英数字の大文字小文字と#と@を2回以上使った8文字以上のパスワードを設定します。

次の画面に進みSTART USING SCATTERのボタンを押したら初期設定完了です。

ScatterにEOSアカウントをインポートする

※EOSアカウントをScatterにインポートしますが、前回EOS初期設定でEOSアカウントを作成していない場合は以下の記事を参照ください。

Scatter(スキャッター)の初期設定が完了したら,前回作成したEOSアカウントをインポートします。

向かって左のメニューバーからWALLETをクリックします。

次の画面を開いたらIMPORT KEYボタンをクリックします。

秘密鍵をそのままテキストベースで読み込むのでTextをクリックします。

秘密鍵入力画面が表示されるので前回EOSの初期設定で控えていた5から始まる秘密鍵を入力します。

秘密鍵を入力したら直ぐ読み込まれますので、読み込まれた後すぐに自分のEOSアカウント名が表示されたら、インポート完了です。

ScatterからdAppsに接続してみる

それでは実際にdApps(ダップス)に接続していきましょう。

今回接続するdApps(ダップス)はBloks.ioというブロックチェーンエクスプローラーとウォレットが一体となったサービスを使用します。

Ethereum(イーサリアム)でいう、MyEtherWallet (マイイーサウォレット)の位置づけのサービスになります。

右上のLoginをクリックします

接続ウォレットの一覧からScatterをクリックします。

dAppsの接続の際はScatterを立ち上げておく必要があります。

接続が成功するとScatter側で承認画面が出現するのでALLOWボタンをクリックします。

接続が完了すると、右上のLoginだったところに自分のEOSアカウントが表示されたら、dApps(ダップス)に接続が完了します。

接続することにより、送金やステーキングなどのEOS本来のサービスをdApps(ダップス)経由で実行ができます。

まとめ

Scatter(スキャッター)に接続することにより、EOSのWEBウォレットを利用できたり、両替、ゲームへのログインなど様々なサービスを利用することが出来ます。

是非、Scatter(スキャッター)を使いこなして、EOS(イオス)の素晴らしき世界を堪能してみてください。

EOS初心者おすすめ記事